「ほっ」と。キャンペーン

ジプシーという生き方について。

イギリスの勉強という新聞散策を今日もしています。

昨晩、とても興味深い記事&テレビを見た。

【ジプシー民族について。】

私の家の近所にも、ジプシーの人たちが住んでいる集落が何箇所もある。
囲いを作って、その中で生活をされている。

一つの集落は、少し前に移動していなくなった。

身近にたくさんいらっしゃるが、私はお恥ずかしながらジプシーとはどういう人たちなのか、
どういう伝統や文化を持っているのか、よく知りませんでした。

そんな今日この頃、テレビと平行して
ネットでも検索をしたら、とても分かりやすく、私が知りたかったことをギュッと詰めて書いていらっしゃる方がいらしたので、ここにメモをすることにした。

この後、『イギリス・ジプシーという生き方』を書いていらっしゃる、
徳丸さんのページを引用させて頂きました。

Gypsyというのは一般的に言うと、特定の居住地を持たずキャラバン(キャンピングカーのようなもの)で住居を点々とするマイノリティ集団のことです。
しかし、彼らの起源は意外にもはっきりしていないのです。

 

Gypsyという名前はエジプトからやってきた人を意味するEgyptian(エジプジャン)が変化したものなのですが、本当にエジプト方面から来たのか? と言ったような根本的な疑問に答える定説がいまだにありません。またルーマニアのロマ民族を起源とする説もありますが、そちらも定説ではありません。

 

イギリスにも主にアイリッシュのGypsyが多数在住しており、こちらでは一般的に、彼らはGypsyではなくTraveller(トラベラー)と呼ばれます。Gypsyは差別用語に当たると嫌悪される言葉ですが、意外にもTravellerたちは自分達がジプシーと呼ばれることに違和感を覚えていないようです(Gypsyを指す、違う差別用語のほうが一般的だからだそうです)。

 

Travellerというとその名の通り旅をする流浪の民族をイメージしますが、Travellerだからといって全員が旅をし続けているわけではありません。Gypsyというアイデンティティは保っているのですが、彼らの多くは現在では定住地、つまり家を持っている場合が多く、このような人たちの事を「Settled-Traveller」と呼びます。Settledならトラベルしてないじゃん! と思うかもしれませんが、彼らのアイデンティティはTravellerにあるので、この単語ははずせないんですね。

 

この集団の多くは敬虔なカソリックで、古くからの慣習や伝統を非常に大切にしています。先に述べた番組はその名の通りWedding、つまり結婚式をテーマにしているのですが、Travellerの少女らが人生で経験する結婚は、何も一度きりではありません。洗礼の時にキリストと、そして夫となる人との2種類の結婚式が存在するのです。
彼らにとって結婚式は人生の2大イベント、盛大で然るべきものです。よって必然的に、これらイベントは豪華で派手、グラマラス、そしてきらびやかなものになります。

 

Travellerの少女たちは、なぜか奔放な見た目であることが多いです。彼女たちのクラブウェアはほとんど下着のようだったり、過度に露出が多く挑発的だったりします。クラブウェアというよりも、もはやダンス大会の衣装と言ったほうがいいでしょう。
しかし、かといって性的な面でも奔放かと言うと、そういうわけではないようです。なぜなら彼らは敬虔なカソリック。婚前交渉はご法度です。
そして、この下着同然の衣装でダンスホールに立つ少女達の平均年齢は低めです。5、6歳くらいであろう少女たちのセクシーな衣装を見ると、なんだか私はモヤモヤしてしまいます。

 

では、どうして彼女たちはそんな格好をして出歩くのでしょうか。その意図はかなり明確で分かりやすいものです。
もちろん皆、そんな恰好をしてるし、それが彼女達のお洒落の形なんだといえばその通りですが、彼女達のもっとも明確な意図というのは「未来の夫探し」なのだそうです。Travellerの少女たちのほとんどは10代で結婚し、大きな家族を持ちます。結婚は同時に厳しい両親っちからの自由を意味しており、ゆえに彼女らは結婚を熱望するのです。

 

Travellerの家族集団の厳しさはそれはもう際立ったものです。若い少女達は「婚前交渉禁止」の大前提を守る為に、家族から厳しく監視され続けます。デートひとつとっても、結婚前のカップルならば親や兄弟姉妹同伴が常識です。ここは一般的なイギリス人とも、日本人ともかけ離れていますね。
その過保護から抜け出す為に14、15歳のうちから結婚し、そして子供をもうけます。Travellerには大家族も多いです。小さな子どもを連れての放浪生活は大変で、想像するまでもなく不安定です。
こういった背景からも、特定の居住地を持たないTravellerの生活からSettled-Travellerを選択するものも多いようです。

 

Travellerたちの人生は一般的なイギリス人、そして私たち日本人とはまったく異なります。学校にも行かず(定住していないため、行けないケースが多い)、教育を受けないTravellerもおり、少なからず犯罪に加担したり、トラブルを引き起こす原因になったりもしています。
他方では自由かつ伝統を守り、自分たちの生き方というものをしっかりと理解しそれに沿って生きる姿をみると、これが彼らの在るべき姿なのかとも思います。

              【ジプシーという生き方】徳丸さん
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~引用ここまで。~~~~~~~~~~~~~~

 
同じ場所に隣り合わせにいながら、
こんなにも違う生活をされているのかぁ。。と、とても興味深いテレビ&記事であった。


今後もテレビで続編があるので毎回見てみようと思う。



↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

地域情報(イギリス) ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://mayuuk.exblog.jp/tb/18466440
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akimomomayumomo | 2012-06-20 01:43 | イギリス人 | Trackback | Comments(0)

日々の日記。田舎の専業主婦です。


by Davie夫人
プロフィールを見る
画像一覧