「ほっ」と。キャンペーン

ウソがバレそうになる。

先週のブログに書いた、
『大きな猫事件』

記事はコチラから。

誰かが ライオンを見た!
と、言い出したもんやから
警察やらヘリやらが出動する大事になった事件。。

結局、
ライオンだと思われた大きな動物は、
タダのデブ猫だった。。。笑

この事件の後、
ある動物園が宣伝でこんなことをし出した。


b0228988_3323885.jpg


いる動物を紹介しているのだが、
ちょっとオカシイネ。。


b0228988_3323154.jpg

b0228988_3322642.jpg

b0228988_3322287.jpg

b0228988_3321717.jpg

b0228988_3321124.jpg

b0228988_332092.jpg



ほんまにこれしか見れへんかったら
怒るでしかし~~~~ッ!!!!笑



それもこれもライオン事件があったからだ。

b0228988_3315038.jpg




今日この頃。。


ダン(夫)は、庭にいる鯉を狂ったようにお世話をしている。。笑

何度かに分けてこのクレイジーさを書いていた。
コイの病4.」←これが最終のものでした。。


前回の記事では、
エサの時間に池の横で拍手をしてコイを引き寄せるというしつけをしていた。


コッソリと見ているが、
一向にコイたちは寄ってくる気配はない。笑


毎日毎日、同じ時間に拍手をしていた。


日が経ち、
ダンはネットで調べだした。
どうしてコイが寄ってきてくれないのか。。笑


そこで、新たなYoutubeを発見してしてしまった。

動画に出てくる男性は、
なんと、手まで寄ってくるコイにエサをあげたり、
哺乳瓶にエサを入れて、コイにチューチューと吸わせたりしていた。。


この動画を見た後から、
ダンは手渡しでコイにエサをあげたくなった。


毎日毎日、同じ時間に、
今度は池の中に手を腕まで浸して
手の平に乗せたエサをコイが食べにくるようになるようにとトレーニングを始めた。。

冷た~~くて、クッサ~~~イ池の水の中にずぅ~~~~っと。。
腕まで浸してひたすらジ~~~~~っとしている。。


しばらくしたら、いつも部屋に戻ってきて

ダン 「はぁ~、今日もコイは来てくれへんかったわ。。」 と悲しい顔をしている。



1週間ほど経っただろうか。。
ダンが言うには、
コイはまだ来てくれないが、手を見てくれるようになったらしい。。笑


そのまま更にしばらく日が経ち、

ダンは朝寝坊をしてしまった。

仕事へ行く前に、いつもコイのトレーニングをしていたのに
今日は時間がない!


。。。ということで、この任務を私に頼んできたのだ。。


ダン
「腕までつけて、じっと待つんやで!!最低でも5分はやってくれよ!!!」


。。。と、言い放って仕事へ行ってしまった。



私は。。。そんなことしたくない。。笑

池の水はちょっと生臭いし。。。水は冷たいし。。。



なので、トレーニングをしたと嘘をつこうと思った。
私は一握りのエサを池にばら撒いた。



ダンが仕事から帰ってきて、まず一声が

ダン 「どうやった??コイは寄ってきたか?」 と聞いてくる。


私 「手は見てくれたんやけどなぁ。寄ってこんかったわ。。」


。。。とウソをついた。



そんな嘘をついたことはすっかりと忘れ、翌朝。


ダンが庭で何やらゴチャゴチャと言っているのが部屋まで聞こえたので見に行った。


ダン
「前回まで手を池につけたら、コイたちが手を見てくれてたのに、
また見てくれへんようになった!!!!なんでや~~~~~!!!!」



。。。と、かなり混乱していた。





「な、な、な、な、な、な、何でやろ~~~~なぁ~~~。。。。」



と、言いながら私は部屋へ逃げていった。。




私を疑ってはいないようなので、
このまま この話になったら
「な、な、な、なんでやろうなぁ~~~。」 を通すつもりだ。。



コイの違いを察知するなんて。。。

恐るべしや。。






↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://mayuuk.exblog.jp/tb/18920044
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by akimomomayumomo | 2012-09-02 04:04 | | Trackback | Comments(0)

日々の日記。田舎の専業主婦です。


by Davie夫人
プロフィールを見る
画像一覧