タグ:Life in the UK ( 10 ) タグの人気記事

Life in the UK テスト、受けてさっき帰宅しました。

8月から延びに延びて
今日、Life in the UK テスト 受験しに行ってきました。

b0228988_2102552.jpg


夕方帰宅し、夕飯前にブログを更新しております☆


結果は

合格でした。


いろいろ
テストの対策を考えていた昨日。
記事はコチラから↓
昨日のブログ記事。


私は主に、



この教科書を読み、

そして、I-phoneアプリのこれ↓

b0228988_2161454.jpg


。。。を£3.99でダウンロードし、テスト問題練習をした。


そんな私がテストを受けて思ったことは、
I-poneアプリ、いくらオフィシャルでも
これだけしかやってないと合格は危ういな。。。ということだ。。

昨日のブログで紹介していた
webサイト、
The uktest.com

やら、

Life in the uk practice test

。。。もちゃんとやっておいた方がいいな、と思った。


。。。というのは、
I-poneアプリでは
本番のように 4択問題でいろいろな問題を解く練習ができる。
しかし、
そこに一つも出てこなかった内容の問題も本番では出題されていたのだ。。


私のように何とかお金をかけずに。。。
というのでないのであれば、

Life in the United Kingdom: Official Study Guide

Life in the United Kingdom: Official Study Guide
価格:1,551円(税込、送料込)



Life in the United Kingdom: Official Practice Questions and

Life in the United Kingdom: Official Practice Questions and
価格:1,545円(税込、送料込)




これらも、購入して読めば テストはバッチリだったのでしょうね。



テストを始める前に、
希望者は テスト練習 ができる。

。。私は、もうテスト練習 やってきたし 早く終わりたいから~。。と思ったのでやらなかった。


24問中、

「あぁっ??」 と、目が点になった問題が (見たこともない問題だった)

3問。
4択の消去方で なんとか答えたが 正解であったのか定かでない。。
(テストのスコアは教えてもらえない。)


テストは見直しをゆっくりしたが15分くらいで終わってしまい、(テストは45分間)
終わると退室し、他の部屋で待機できるので その部屋で座って待っていた。

早く帰れると思ったが、
テスト練習してから 本番テストを受けている人など含めて
全員が終わるまで どっちみち待たねばならなかった。。


14人の受験生がいて

1人は書類不十分でテスト受けられず退室。。

残り13人のうち、

合格者は7人。 であった。


簡単に合格できるテスト。。。でもない。


テストの問題は、
会場の皆がそれぞれ違うし
運もあるでしょう。。。


さて、
私はこのテストに合格した次は

英語のテスト勉強です。。汗
早くVISA取得したい。。



これから受けられる方の
参考になれば、嬉しいです。☆







↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-12-10 02:38 | VISA☆

明日、Life in the UK テスト 受けに行ってきます!

8月に一度
テストをドタキャンして以来の リトライになります。。

今回は
テスト日に必要なもの

・ID (私の場合はパスポート)
・住所を証明できるもの(私の場合はバンクステイトメント)

をしっかり握り締めて行ってきます!笑


前回の失敗についてはコチラから。。。汗


教科書、しっかり。。。とまでは全くいってないけど読んだ!





そして、テスト問題練習もした!

Life in the United Kingdom: Official Practice Questions and

Life in the United Kingdom: Official Practice Questions and
価格:1,545円(税込、送料込)





私は上の、白い方の本は購入して重要っぽいところを読んだ。

そして下の青と赤い本は買わずに
I-phone アプリのでテスト練習をしました。

無料アプリもいくつか練習できるものがあり、
テストを出題しているオフィシャルのアプリは有料でした。(£3.99)

b0228988_5283464.jpg

(これがオフィシャルのアプリ)

合格したいので
オフィシャルのアプリをダウンロードして勉強しました。

何度も本番テストの練習ができたり、
項目で分けてテストにチャレンジすることができたり、
勉強だけできたり。。
間違えてもちゃんと解説出てくるし、良いと思いました。。(受かってから言えよ。笑)


このアプリだけだと
もう問題に飽きてしまい、(覚えてしまった。笑)

webのテスト問題練習もやってみました。
(これは公式じゃないので、本番に役立つのかどうかは明日までワカラナイ。。笑)

THE UKTEST.COM
(このテスト、私は結構間違えてしまうものばかりだった。汗 なんと不合格の点数になるときも。。泣)
Life in the UK Test Practice test
(これはオフィシャルの問題に似ていて、満点は時々だけど合格にはなる。。)

オフィシャルの体験テスト。(これはテストが1種類しかない。。しかもスコアもワカラナイ。)


さて、
オフィシャルのテスト問題集はバッチリの私。

これで落ちたら
オフィシャルのレスト問題集は意味がない。。ということになる。笑


このいくつか試したテスト問題練習の中で、
一番ためになったのはどれか 明日判明します。


それをまたブログに綴りますネ☆


それでは明日、行ってきます。


受かっても 落ちても。。ご報告いたします。笑







↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-12-09 05:51 | VISA☆

意気込んでいたLife in the UKテスト、延期。。。泣

昨日のブログ記事で、

「明日、Life in the UKテスト受けてきます!!」

と 意気込んでいましたが



延期。。。



。。。というのは、


あのブログをアップした後、


ボーダーエージェンシーからきたメールを確認。


親切に、
2日前に

「あなたは2日後にテストを受けることになってます。
大丈夫ですか~?」


。。というメッセージが届くようになっているらしい。


そのメールに、


「テスト当日に必要なもの。」

。。という注意書きがあり、


・パスポート
・住所を確認できる郵便物、下記のいずれか。
 (・運転免許証)
 (・カウンシルタックス)
 (・水道、ガス代の請求書)
 (・バンクステイトメント)
 (・ホームオフィスからの郵便物)

。。とあり、


私は、住所確認できるのものとして
病院からの郵便物を持って行こうと思っていたが
このリストにはない。。。



やばい。。



すぐに テストに関して質疑応答してくれるところに電話した。


電話の人
GP(病院)の郵便物?!そんなんダメに決まってるでしょ。」




。。。と、一瞬にしてダメだと教えてくれた。。。




リストにあるもののみがOkだと。(当たり前か。。笑)


こんな書類がない状態で
テスト会場へ1時間以上かけて行き、

そこで 「試験受けさせろ」 と
ゴネても時間も車のガソリンももったいないわな。。。


。。。という結論になり


Webからキャンセルした。。。泣


テスト日の7日以上前であれば、
日付の変更、キャンセルをしても 料金は返ってくる。


前日キャンセルの私は
テスト代は ポイっと捨てることになった。。



。。車の免許なし

ガス代、水道代、全部 義母さんの名義。。。

バンクアカウント。。。も使わないから持ってなかった。。



テスト日であった
今日は

バンクアカウントでも作りに行ってこよう。。。




そして、明日出発で

実家の京都に2週間ちょっと帰ります。



なので

今月最後のブログ。




それがこれかいっっ!!








Life in the United Kingdom-【電子ブック版】

Life in the United Kingdom-【電子ブック版】
価格:1,533円(税込、送料込)





↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-09-11 19:55 | VISA☆

明日、Life in the UKテスト受けてきます。

やっと、やっと 受験日が明日になった。


テスト費用は£50。
Web で支払い済み。


ネットで検索したら、
いろいろな テスト練習サイトがあるが

私が主にやったのは
公式のものだけ。


携帯アプリも有料だけど公式のテスト勉強ができるやつがあったのでそれを。


そんなに沢山ないので、
練習問題は

百人一首のように
始めの文節を見ただけで答えが分かるようになった。。
(公式のものだけ。。)


試しに、
公式のものでないテスト練習サイトにチャレンジしてみたら

ギリギリ合格点だったり

落ちたり。。。。笑



明日、どないなるかな。。笑







Life in the United Kingdom-【電子ブック版】

Life in the United Kingdom-【電子ブック版】
価格:1,352円(税込、送料込)








↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-09-10 20:46 | VISA☆

Life in the Uk テスト。やっとブッキング。

ず~~っと、
テスト
いつ受けよう受けようとウジウジ悩み

そうだ!夏に受けよう!と張り切ったが
ついに夏が終わろうとし。。。


。。。というかちょっと忘れてて。。



はっ!!
と、思い出したので

早速webでテストの予約をした。


↓このサイトでまずは受付を済ませたら、
Life in the UK Test

自分の住んでいる住所で最寄のテスト会場から順番に紹介してくれる。
あとは
テスト費用£50 を支払って受付完了。


。。ということで、
2週間後にテストを受けることにした。


毎日少しずつ
Life in the UK 3rd Edition の本を読んでいこうと思う。


あとは、
I-phoneアプリでも
Life in the UK テスト練習があったので
それもダウンロードした。

テスト練習アプリは、何種類もあったけど

私は Officialの出しているものが
テスト内容と近いのだろうな。。と思ってそれをダウンロードした。

それはコチラ→Life in the UK Test アプリ


テストは45分間、24問。

何度テスト問題を解いても5分以内には終わってしまう。。
少し覚えるもん覚えたら 片目のケンケン。。




。。。。って、ナメてるとテスト当日にどんなことになるのかな。笑



とにかくあと2週間、
一日に一度は教科書やアプリを眺めようと思う。





Life in the United Kingdom-【電子ブック版】

Life in the United Kingdom-【電子ブック版】
価格:1,352円(税込、送料込)





↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-08-27 17:35 | VISA☆

Life In The UK テスト。2013年 3月25日以降。

少し前から、
Life in the UK テキストを購入してゆっくりと読んでいた。

b0228988_19385550.jpg




もし、できたら
テストの内容が変わってしまう前の

3月25日までに テストを受けてみようかな。。?
。。と、

少し思ったので

ゆっくりと勉強していたが、

急遽、
テキストをじっくり読むのではなく
テストに出そうなところだけを読むことにした。



。。。が、
ウチの事情で

やはり3月25日までに受験するのは厳しいということになり

テスト勉強を中断することにした。


何故なら、

3月25日以降は
紺色のテキストではなく


b0228988_1939092.jpg


こんなやつに変わるから。



。。。ということで、
今月は勉強

や~~めた。。










↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-03-07 19:46 | VISA☆

Life In The UK テスト。実践練習のリンク。

Life in the UK 

の実践テスト練習がしたいときは。

(ただし3月25日からテスト内容が大幅に変更されマス。)


Life in The UK Test.com

Life in the UK Perfect Test


公式テストページ



私は3月25日以降にテストを受けるので、
まだこれはしましぇ~ん。



。。。英単語が弱いからテスト見ても知らない単語だらけだった。。泣
今から覚えよ~~。







↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-02-19 02:23 | VISA☆

Life In The UK テストに向けて。③

今日は
中世のオハナシからです。

b0228988_2234986.jpg


こんな服着てたのか~。



前回のつづきで、
ノルマン人さんたちに
1485年くらいまで征服されていた。

その後、
戦争ばかりになる。

12,13世紀と言えば十字軍の遠征。
(何回目かとかは私の勉強では覚える必要ナシ~。)

この頃はリチャード1世さんがいらっしゃった。
生涯のほとんどが戦いばかり。。ということで
獅子心王(Richard the Lionheart)と言われている。


b0228988_2235485.jpg




イングランドは
スコットランドやアイルランドを手に入れようと攻める。。

1314年☆バノックバーンの戦い(Battle of Bannockburn)


イングランド軍が、スターリング近郊でロバート1世とスコットランド軍と戦い、大敗した戦い。


同じ頃、1300年頃から
イングランドはウェールズも攻める。
15世紀頃、ついにウェールズはイングランドに潰されたのデス。


もひとつ、有名(?)な戦いは

フランスとの百年戦争デス。

b0228988_2253979.jpg



現在のフランスとイギリスの国境線を決定した戦争。
フランス国王朝の勝利。

この頃のヘンリー5世のお話を
シェイクスピアが書いている。(読んでないけど。。)



1215年から議会の起源になるものができる。

それが
マグナ・カルタ
(the Great Charter )。
イングランド王国においてジョン王により制定された憲章であり、イングランド国王の権限の制限をその内容とする。

こんな感じのモノ↓

・教会は国王から自由であると述べた第1条
・王の決定だけでは戦争協力金などの名目で税金を集めることができないと定めた第12条
・ ロンドンほかの自由市は交易の自由を持ち、関税を自ら決められるとした第13条
・ 国王が議会を召集しなければならない場合を定めた第14条
・ 自由なイングランドの民は国法か裁判によらなければ自由や生命、財産をおかされないとした第38条

などである。


この頃は
領主、男爵、貴族、とか。。に力があったんデスネ。。

イングランドの議会は主にこういう人たちがすすめていた。


スコットランドも同じような感じだったらしいが、
主に議会をすすめていたのは聖職者だったそうデス。



イングランド。
同じくこのノルマン人たちの時代は

封建社会であった。

領主は、
荘園内の農民を支配し、封建領主の館を中心として自給自足を原則とする荘園制がかたちづくられた。
領主権には裁判権、警察権や農民からの貢納を徴収する権利などがあり、支配下の農民を保護する義務も有していた。

スコットランド
同じような感じだったらしい。
ただ、領主ではなくて氏族と呼ぶ人たちがいた。(clans



この頃の
有名な戦いは。。

・1455-85(30年戦争)
王位継承のバラ戦争勃発
赤バラのランカスター家と白バラのヨーク家

b0228988_2282215.jpg




結果は。。?

ヨーク派のチューダ家ヘンリー7世が
ボズワースの戦いに勝利し王位につく


それから
どんどんイギリスに英語が浸透していく。

今の英語に繋がるのは
この頃のノルマン系フランス語と、アングロサクソン語が混ざったものらしいデス。


ノルマン人がイングランドに侵入してから300年くらい経ち、
やっと彼らは自分たちをイギリス人だと思うようになってきた。



14世紀
『カンタベリー物語』(The Canterbury Tales)
英語で書かれた。
14世紀にイングランドの詩人ジェフリー・チョーサーによって書かれた物語集である。

内容は、
聖トマス・ベケット廟があるカンタベリー大聖堂への巡礼の途中、たまたま宿で同宿した様々の身分・職業の人間が、旅の退屈しのぎに自分の知っている物語を順に語っていく「枠物語」の形式を取っている。


おぉ、
カンタベリー大聖堂がここで出てきた。
ウチ、近いよ~。



イングランドでは、英語がどんどん流通していったけど
スコットランドではスコットランドの言葉が使われ、全然違う言語が使われていた。


他国から商人たちが来るようになる。


フランスからは機織り人、
ドイツからは様々なエンジニア、
イタリアからはガラス工業
オランダからは建築系、

これらの人口は、イギリス人口の約1%を占めた。




いったんここまで。
続きは次のブログで~。









↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-02-13 21:55 | VISA☆

Life In The UK テストに向けて。②

Chapter1. 歴史。


ざっと。メモ。



古代 & 中世


b0228988_0313042.jpg




グレートブリテン島には
紀元前9世紀ころから紀元前5世紀ころにかけてケルト系民族が侵入してきた。
これによってグレートブリテン島における鉄器時代が始まり、ブリテン島各地にケルト系の部族国家が成立した。

今現在も、一部のスコットランド。北アイルランド、ウェールズではケルト方言が使われている。


b0228988_0312769.jpg





次に侵入してきたのは、

紀元前55年ローマのユリウス・カエサルがグレートブリテン島に侵入。

その約100年後、再び
ローマ皇帝クラウディウスがブリテン島の大部分を征服した。
ローマ帝国時代のブリタニアはケルト系住民の上にローマ人が支配層として君臨した。
なのでこの頃はラテン語がよく使われていた。

少しずつローマ帝国の力が衰退していき。。


お次に侵入してきたのは、ドイツから
アングロ・サクソン人。
(アングル人、ジュート人、サクソン人のゲルマン系の3つの部族の総称)


アングロ・サクソン人を追い出そうと抵抗したのが、

ケルト人を率いて戦った
『Legendary King Artur』(伝説のアーサー王)

彼は色々な説があって、議論にもなっているので
私が覚えるのは名前だけっ!!笑


あ、アングロサクソン人さんたちが
今の言語である英語を使っていたのですネ。


同じ6世紀頃、
ローマ帝国から宣教師(アウグスティヌス)がやってきて
キリスト教もやってきたのですネ。



8,9世紀頃になると、
デンマークやノルウェイから海賊たちが侵入してくるようになる。

そして彼らは
イングランド、スコットランドの東部に小さな国をたくさん作った。


イングランドは(↑と同じ頃)
5世紀から9世紀にかけて七王国と呼ばれる国家群を建設した。
アングロサクソン人の王国は9世紀の初めにこの中の一つである
ウェセックス王国のアルフレッド大王によって政治的に統一されていた。


アルフレッド王は、
9世紀に海賊だちと戦うけど負けてしまう。。


1013年には
デンマークのカヌート大王(クヌート)によってイングランドは北海帝国の領域に組み込まれる。

1042年まで支配された。

この後一時的にアングロサクソンの王が復活するが

1066年にフランスのノルマンディー公ギヨーム(即位してウィリアム1世)によって征服され、イングランドの支配層はノルマン系フランス貴族に交代した。その結果イングランドはフランス文化の影響を強く受けることになった。


ヘイスティングズの戦い

(英:Battle of Hastings)は、
1066年にイングランドのヘイスティングスから若干内陸に入ったバトルの丘でノルマンディー公ギヨーム2世とイングランド王ハロルド2世との間で戦われた会戦である。


ノルマンディー公国の勝利。。


ノルマンの征服が、
イングランドにとっては最後の侵略成功であったのです。




その後、ノルマン人はアングロ・サクソン人に同化し、文化の融合も行われた。言語もアングロ・サクソンの言葉を中心に、ノルマン・フランスそれぞれの要素を融合させ、今日の英語になっていったのである。



この時、ユダヤ人も移住し始めた。





今日はここまで☆

b0228988_0312386.jpg










↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-02-13 00:26 | VISA☆

Life In The UK テストに向けて。①

永住権を取得するために
受けないといけないテスト。

Life in the UK

b0228988_21312376.jpg


もうすぐテストの内容が少し変わるようで、
出題範囲が広くなるそうですね。


私が受ける頃には出題範囲が広くなっていることでしょう。


1冊の参考書があり、
その中からテストが出るのです。

なので少しずつ読んでいる今日この頃。


覚えておこうと思うことを
ここに少しずつメモっていこうと思う。


私の脳みその役にも立つし、
もし同じように勉強中の方がいらっしゃったら参考にもなるかもしれないし。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

chapter1.イギリスの歴史 (私からしたら懐かしの世界史。。笑)


現在、この国の正式名称。

United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland
(グレートブリテン及び北アイルランド連合王国)


イングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの4つの国から構成されている立憲君主国。


位置関係は。。

b0228988_21514394.jpg



こうなってて、


国旗は、


b0228988_2151433.jpg


イングランドと。。




b0228988_21512455.jpg


スコットランドと。。




b0228988_21505582.jpg


北アイルランド。。。



の国旗が混ざって


b0228988_2151998.jpg


コレが
グレートブリテン及び北アイルランド連合王国の国旗。




おいおい、

b0228988_2150594.jpg


ウェールズも国旗に入れてあげようよ~。
。。と、思う人は私だけでない。。?


ウェールズは13世紀末というきわめて早い時期にイングランドとの一体化が進んでいたため、イギリスの国旗にはウェールズの要素が全く入っていないデザインになっているらしい。


サッカーのワールドカップは
4つの国が別々で出場していますよね☆


オリンピックは
【チーム GB】 と呼んでユニオンジャックで出場していますね☆


この4つの国にこだわって、

『私はスコットランド人です。』(例えば。。)

って、言う人もいれば

スコットランド人だけど
『ブリティッシュです。』
(ちなみに、ブリティッシュ、グレートブリテンだけで言うと北アイルランドは入っていない。)

。。っていう人もいるし、


もう分かりにくいから
『イングランド人。』 。。。って言う人もいるし。



もうどうでも良い~と思ってる人もいれば、
時代背景などから、
自分の国を意識している人もいるし、


色々いらっしゃるのですよ。


英国のビザを取るんだから、このくらいのことは分かっていましょう。。



。。。というところから
このテキストは始まります。




では続きはまた今度☆











↓ブログランキングに参加してみました。時々クリック☆クリック☆して頂けたら嬉しいですっ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
[PR]
by akimomomayumomo | 2013-02-12 22:23 | VISA☆

日々の日記。田舎の専業主婦です。


by Davie夫人
プロフィールを見る
画像一覧